3,400円より、全国対応いたします!

複合機の設置、パソコン設定、撤去無料!初期費用無料!!

メーカーとの協力タイアップにより実現!
最安値保証 当店より安いお見積書をお持ちの方は、お見せ頂くだけで必ず下回る価格で再度お見積り致します。
ビジネスフォン、ネット、電話回線、オフィス家具、セット割引きあり。

photo フリーダイヤル0120-344-116 平日10時〜18時 最短2分で複合機お見積り!

取り扱い複合機メーカー

Canon FUJI ZEROX SHARP KONICA MINOLTA TOSHIBA KYOCERA Muratec

メーカー別 新品リースNEWS

キャノンC2220F 富士ゼロックスC2276 シャープMX2650 コニカミノルタC244 東芝テック2050C 京セラ2551

ムラテック2280

新規事務所オープン、移転・移設企業様必見!カラー複合機を現在契約している方も複合機マイスターにお任せください!

弊社は「OA機器のコンビニエンスストア」のような会社を目指しています。複合機マイスターにおまかせいただくと、様々な複合機・コピー機の準備から納品まで、便利なコンビニのように、「一度に」「なんでも」1か所で揃えることが可能です!
複合機とビジネスフォンなどのセットならばもちろん割引いたします。「便利なのに割安」なのは複合機マイスターだけ。
コピー機、複合機、電話機、ビジネスフォン、パソコン、携帯電話、オフィス家具

※各種リース・クレジット可能電話番号取得(良番)、インターネット回線の開通手続き、LAN工事、ファイルサーバー、ホームページの制作運用、内装工事、経費削減診断、各種サポート・保守・メンテナンス等

コピー機の経費を見直したいけど、リース残金が心配!ご安心ください。弊社で契約しなおした場合、リース残金・解約手数料を含めた価格でも最大70%のコスト削減でお得にご利用することが可能です!

photo

【比較チェックポイント】リースか購入、迷っている場合!コピー機はリースか購入、どちらがお得なの?

まず、コピー機を現金で購入する場合、メリットとしてリースの金利が掛からないことです。しかし経費を計上する際に、コピー機が「所有物件」となります。そのため、減価償却を考慮したうえで計上しなければなりません。一方リースの場合は、初期費用が0円で、リースの金額全てを経費として計上することが可能です。
ただし、リースを選択した場合、コピー機の所有はリース会社のものとなります。

※法律上、中古コピー機はリースすることを禁止されています。展示品は中古コピー機になります。

photo
リース価格の相場ってどれくらい?比較チェックポイント!コピー機はリース?買取?

複合機/コピー機は簡単に買ったり、買い替えたりできない特に大きな買い物なので会社の資金にも大きく影響します。また、このような大きな設備投資は初期費用も高く、急に必要になった場合には購入資金を準備することが難しかったりもします。 こんなときにリースを利用すると、月々の支払額が一定で負担がだいぶん軽減されます。相場は12000円から16000円ほどのようです。これにはトナー代が含まれていることが多く、コピーした枚数をカウントする機械がついており、コピー枚数に20円から30円をかけた料金を請求されるのが一般的なようです。しかし最近では月々のリース料金が相場よりもかなり安いものもあるようです。現金で買い取る場合は、リースの料率(金利)がかかりませんが、経費計上する際には、所有物件になりますので、減価償却を考慮しなければなりません。リースの場合は、初期投資が不要。全額経費として計上できます。所有者はリース会社になります。                   
(注意:中古品のリースは法律上できません)

コピー機をリースするメリット 必ず他社を下回る価格で再度御見積させていただきます。

コピー機は業種を問わず、あらゆる会社でなくてはならないものとなっています。最近ではモノクロコピーだけではなく、カラーコピーもできたり、ファックス送信ができるものなど、機種も様々あります。しかし最新の機能を搭載した機種は相応の値段もするので、容易に購入や買い替えができるものではありません。そこで「リース」が役に立ちます。
コピー機をレンタルするメリットは様々です。ひとつは月々の支払額が一定で金額も数千円のものからあり、最新の機種であっても負担を少なくできるということです。また、レンタルとは違い、それぞれの会社で利用したい機種を指定してリース契約をすることができるので、会社のニーズに合わせた機種を選ぶことができます。また、リース期間終了後は、さらにリース期間を延長したり、別の機種に借り変えたりすることも可能です。このようにコピー機のリースにはメリットが多くあります。また当店より安い御見積をお持ちの方はお見せ頂ければ必ず下回る価格で再度御見積させていただきますのでお気軽にご相談ください。

現在、カラー複合機をリースでご契約されている方は見積書をチェック。見積もりの項目は細かく分類されていますか?毎月のリース料を見直したい方は、お気軽にご相談ください。


取扱商品によってモノクロコピー機を使用されている場合もありますが、現在ではカラー複合機を使用されているところが多いです。そのため、リース料金も、モノクロ・カラーとあまり変わらない価格である場合が多いです。メンテナンス代の部分である「カウンター料金」ですが、モノクロ複合機のモノクロカウンター料金と、カラー複合機のモノクロカウンター料金は常に同じというわけではありません。
モノクロコピー機の方が安いと思って契約したにも関わらず、カウンター料金が高かった!という落とし穴もございます。そういった部分の見直しが経費削減の秘訣となります。

Copyright (C) 2016 copy ki honpo ,Inc All Rights Reserved.